部屋を探す!おすすめエリアはここin札幌

札幌での部屋探しのキホンは?

札幌で部屋を探す際、必ず頭に入れておきたいことがあります。それは、「雪が降った場合の交通手段の確保」です。
冬には必ず雪が降ります。これは札幌のどの地区でもそうです。そのためバスやJRは冬になると定刻通りに運行できなかったり、最悪の場合停止してしまうことがあります。そのため、春から秋にかけては問題なく徒歩で通勤・通学が可能であっても、冬になれば徒歩だけでは乗り切ることができません。そうなると一番安全なのは「地下鉄駅近辺」です。地下鉄が一番雪には強く、交通障害もありません。札幌には地下鉄「南北線」「東西線」「東豊線」の3つがありますが、その近辺で家探しをするのが基本です。
もし近くに地下鉄がない場合は、自家用車を用意するなど、別の手段をとることが必要です。

札幌ねらい目地域はどこ?

とにかく家賃を低く抑えたい、という場合なら「東区」「白石区」がおすすめです。
どちらの区にも地下鉄東豊線、東西線が通っています。そして一人暮らしや学生が多いので、施設が整っている割には家賃は手頃という物件が多いです。物件は一人暮らし向きのものが圧倒的に多く、住みやすいのが特徴です。しかし、その一方で学生街で物件契約をすると近隣の騒音に悩まされたりすることがあるので注意しましょう。
ファミリーで、安全な物件が多いのは「西区」「中央区・南側」です。
この地域は若干家賃は高めですが、緑があり、閑静です。地下鉄なら東西線や南北線が利用できます。治安が良く、ほどよく自然と都会がマッチしているので、人気のエリアとなっています。
札幌の人気エリアとそうでない地域では、家賃で2万程差が発生することもあります。部屋探しの際にはしっかり条件を確認しましょう。