ブロードバンド物件!実際それってどうなの?

導入されているブロードバンド回線の種類を調べよう

ブロードバンド物件として紹介されている部屋は、オーナーまたは管理会社の方針によりインターネット接続回線を予め導入してある賃貸物件です。新たに回線工事をする必要が無いので便利に思われますが、事前に実用的なブロードバンド回線かどうか確認しておく必要があります。なぜなら、上り回線が遅すぎて使い物にならない回線が敷設されていても、ストレスが溜まるだけだからです。
ブロードバンド回線として実用的な方式は、光回線の中でもFTTHとVDSLの2種類であって、光ハイブリッドと称されるCATV方式は除外すると良いでしょう。wifi環境を構築する時に、上り下りとも20Mbps程度実測値が必要となりますが、CATV方式では10Mbpsの規格値となり実測値は更に下回るので昔ながらのADSLに負けることもあるからです。

実質値上げされていないか確認したい

実用的なブロードバンド回線が導入されていることを確認しても、更に家賃が不当に値上げされていないか確認する必要があります。光配線方式のインターネット回線ならば、集合住宅では4000円~5000円の月額料金で利用可能です。ブロードバンド回線導入済みという理由で、周囲の同条件の賃貸物件よりも7000円高ければ、実質的にブロードバンド回線分以上の付加価値を付けて賃貸に出していることになります。
ブロードバンド回線導入済み物件の場合には、他の高速な光回線の工事許可が出ないことが多いので、むしろ未導入物件の方が割安に感じる事態もありうるでしょう。ブロードバンド物件を探す時には、付加価値として付いている機能以上に値上げされていないか注意する必要があります。

函館の賃貸住宅は物件数が極めて多く、学生を含めた単身者向けから家族向けまで揃っています。最寄りのバス停からの距離も近く、比較的安価な賃料で、ペア向けの物件が数多く揃っています。