やっぱり安心?オートロックのメリット・デメリット

オートロック対応の物件なら入居者の質が確保出来て安心

オートロック対応の賃貸物件は、未対応の部屋に比べてグレードが高い部屋が多く用意されているので、家賃にも反映されています。ある程度の家賃を支払って入居している以上は、入居者の質が担保されていると考えられます。外部からの訪問販売員が入りにくいというメリットが注目されがちですが、実際に入居している人の中に問題がある人が含まれていると、日常生活が脅かされかねません。
賃貸物件の中でもオートロック対応をアピールポイントとしている物件では、防犯意識の高さから防犯カメラ設置が行われている物件が多いことも安心感を高める要素となっています。オートロックの内側に設置された防犯カメラならば、犯罪者に先に壊される心配が無いので、安全確保に一役買うことが出来るでしょう。

共有スペースの防犯意識が低くなる点に注意が必要

オートロック物件に住んでいる時にありがちなこととして、共有スペースである廊下やエレベーターですれ違った人であっても、会釈をすれば信用してしまう可能性があることに問題があります。オートロックの内側だから安全という意識から、ゴミ出しに少しの間部屋を離れる際に、玄関ドアの鍵をかけずに出てしまう人が少なくありません。
オートロックのドアは、住人が開けた時に後ろからカルガモのように付いて歩けば入れてしまう問題点があります。一度オートロックの内側に入ってしまえば、廊下ですれ違った住人と軽く挨拶するだけで、マンション全体の廊下やエレベーターを自由に異動可能です。玄関ドアの鍵をかけていなければ、簡単に侵入出来てしまう問題点を抱えているので、部屋を出る時には忘れずに鍵をかけておく必要があります。

北海道の北東部に位置している北見市は、農業や漁業が盛んな地域でもあります。また、商業施設なども多くあるため、北見の賃貸物件は住環境が良いことでも知られています